★お願い★

2017年7月末に滋賀県で野生復帰したサシバ目撃情報を募集しています。
サシバは渡りをするタカの仲間。秋に南西諸島や東南アジア方面へ渡っていき、春に帰ってきます。

これから夏にかけ、再び関西で見られるかもしれません。

赤赤もしくは青青カラーリングをつけたサシバを目撃された方はぜひ当方まで情報をお寄せください! → こちらから

 


放鳥’sとは?

私たちは人間活動や自然災害によって傷ついた野生動物をより正常な状態で野生復帰させる活動をしている、小さなボランティアグループです。

(詳細は「放鳥’sについて」をご覧ください。)

また培った経験や技術は勉強会やSNS等で情報発信しています。

日々の活動をSNSにUPしていますので、ぜひご覧ください! ⇒下のロゴをクリック!


2018年5月



NewS

2018年10月

● 2018年7月に野生復帰したトビ6号(とびっこ)の死亡を確認しました。(Facebook記事

● ユリカモメ1号が野生復帰しました。(Fasebook記事


2018年9月

● ユリカモメ1号が救護されました。(Facebook記事

● カルガモ2号(かるー)の死亡を確認しました。(Facebook記事


2018年8月

● カルガモ2号(かるー)が野生復帰しました。(Facebook記事

● トビ7号(とび次郎)が野生復帰しました。(Facebook記事


2018年7月

● カルガモ1号が落鳥(死亡)しました。(Facebook記事

● トビ7号が救護されました。(Facebook記事

● トビ6号(とびっこ)が野生復帰しました。(Facebook記事

● ロゴができました。ミサゴがモチーフです。


2018年6月

● カルガモ1号の卵からカルガモ2号が誕生しました。

  Facebook関連記事はコチラ

● トビの雛(トビ6号)が救護されました。

  Facebook関連記事はコチラ



リンク

中津動物病院グループ

あさひ動物病院

NPO法人どうぶつたちの病院 沖縄


夏原グラント

※救護事業の一部は平和堂財団環境保全助成事業「夏原グラント」の助成を受けて実施しています。

 

日本鳥類標識協会

 ➤カラーマーキングの部屋

NPO 野生動物救護獣医師会



 

アクセス数